iPadでお絵描き【アプリ編】

iPadでお絵描きアプリ編 iPadで描く

基本的にiPadではユルいイラストを描いています。

iPadでデジタルイラストを描くにあたって、お絵描きアプリを有料無料問わず色々試しました。その中で一番「自分の描きたい絵に合っている」「使いやすい」と思ったのがAdobe Frescoという無料で使えるアプリでした。Adobe Frescoが世に出る前はTayasui Sketchesというアプリで描いていて、今でも時々使うので、併せて紹介したいと思います。

Tayasui
Adobe Fresco | デジタルペインティング&描画アプリ
Adobe Frescoは、世界最大級のデジタルブラシコレクションを備えた強力な描画アプリです。スタイラスとタッチデバイスを使ってデジタルペイントと描画がおこなえます。

はじめに

使ってみたものの私には使いこなせなかったアプリもたくさんあります。
たとえばプロの漫画家さんやイラストレーターさんたちがよく使っている「CLIP STUDIO PAINT」は機能がたくさんあって素晴らしいのですが、1年サブスクリプションを払って結局あまり使いこなせませんでした。どうも手ぶれ補正を色々調整しても、頭で思うのと微妙に差のある線になってしまって、それがストレスになっていました。それから「Procreate」もAdobe製品を使い慣れた身からすると、独特のツールバーに引っかかってつい手が止まったりミスタッチしたり。

もちろん何を使いやすいと感じるかは人それぞれです。
あくまでも私個人の感想なので、体験談としてお読みいただけたらうれしいです。

ストレスなく線をひける「Tayasui Sketches」

線を引くときの快適さはこれが一番でした
スクリーントーンみたいに模様を貼れるのも楽しいよ

Tayasui Sketches公式ビデオ

このアプリの無料版を使ってみて、気に入ったら課金するとPro版と同じ機能になります。
Pro版にすると、使えるブラシの種類やレイヤーの数や塗りつぶしパターンの種類などが増えます。

とにかく線がきれいに引けます。
スッとペンを動かした時、ペン先にピッタリ追従して、ストレスを感じることなく手の動きの通りに引けるというのはとても重要だと思います。しかもガタガタっとならずに、たぶん若干補正もされているような、その加減が絶妙です。

以前は、普段思いついたことを落書きするのに「オイルパステル」(細い方)ブラシがちょうど良く、そればかり使っていました。が、アップデート後から違う塗り心地になってしまったので、だんだん使わなくなりました。前はもっとドライでガサガサっとした描き味だったのが、オイル感が増してペタッとした筆跡に変わり、描きたい絵のイメージとズレが生じてしまいました。あとはブラシサイズの調整が、一定の数値以下に細くできないのが惜しい点です。

プリセットのカラーパレットは、ナチュラルで優しい色合いですごく好きです。
自分で色の追加もできます。

手描き風のパターン塗りつぶしも可愛いです。
ちょっとしたアクセントやニュアンスを手軽につけられます。

Tayasui Sketchesのおすすめポイント
  • 線の引きやすさ。本当に引きやすい。
  • カラーパレットの色
  • 選択範囲をパターンで塗りつぶせる
Tayasui Sketchesのおしいポイント
  • ブラシの数が少なくブラシ調整の自由度も低い
  • 描画後にキャンバスのトリミングやサイズ変更ができない
  • 有料のPRO版を購入しないと使える機能やレイヤー数が制限される
  • メイキングを載せている人が少ない

Tayasui Sketchesで描くとこんな感じ

‎Tayasui Sketches
‎優れた絵を描くには優れたツールが必要です。「Sketches」はiDevicesのリアルなツールに対応したアプリです。 「Sketches II」は、モバイル機器用に設計された最もリアルで実用的、かつユーザーフレンドリーなお絵描きアプリです。 内容豊富なアーティスト用ツールボックスで、鮮やかなスケッチや賑やかな絵...
‎Tayasui Sketches Pro
‎優れた絵を描くには優れたツールが必要です。「Sketches」はiDevicesのリアルなツールに対応したアプリです。 「Sketches II」は、モバイル機器用に設計された最もリアルで実用的、かつユーザーフレンドリーなお絵描きアプリです。 内容豊富なアーティスト用ツールボックスで、鮮やかなスケッチや賑やかな絵...

今一番おすすめの「Adobe Fresco」

とにかく描きやすい!

IllustratorやPhotoshopでお馴染みAdobeのiPad用お絵描きアプリです。
基本的に無料で使えます。自作ブラシを追加したり、使えるブラシの種類を増やしたりするにはサブスクリプションで毎月課金する必要がありますが、特に不便を感じていないので、私は今のところ無課金です。ただ、クロスハッチやハーフトーンのブラシはとても魅力的なので、そのうち課金すると思います。

このサイトのアイキャッチ画像もAdobe Frescoで描いています。
デスクトップのIllustratorにFrescoの画像ファイルをレイヤー保持したまま送れるのも、嬉しいポイントです。例えばFrescoで描いたイラストをIllustratorに送り、Illustratorでライブトレースしてベクター化するなど簡単にできます。

Adobe Frescoのおすすめポイント
  • 描き味がいい。この一点のみでもおすすめです。
  • ツールバーが直感的に分かりやすく使いやすい。
  • 二本指タップでUndo、左下タッチショートカットをダブルタップでブラシ消しゴムになるので、描画中にわざわざ消しゴムツールに切り替えて…という無駄な動きがない。
  • 簡単なアニメーションも作れる
Adobe Frescoのおしいポイント
  • ブラシを自作したり配布ブラシをダウンロードしたりするには、サブスクリプションで毎月課金する必要がある。
  • 使用人口がProcreateよりは少ないのか、まだまだハウツー動画などが少ない

Adobe Frescoで描くとこんなかんじ

どの絵も、お絵描きの全工程を早送り動画にした「タイムラプス」ビデオが記録されるよ

私のお絵描きの記録です

同じアプリを使っているとは思えないほどすごい作品を描かれている方もいます。

鯛之助さんによる細密画
‎Adobe Fresco: 絵画とデッサンのデザインアプリ
‎Adobe Frescoは、全てのスキルレベルのアーティストのために開発された、無料の描画とペインティングアプリです。Apple Pencilを使用したiPadとiPhone専用のAdobe Frescoなら、様々なタイプのブラシを使用することができます。Frescoで、次のマスターピースを作成しましょう。 3つの...

結局マストなお絵描きアプリは?

使いやすいのが1番!

デジタルで絵を描くためのアプリは世の中にたくさんあります。
できることなら無駄な労力を費やしたくないから、最初に選んだアプリを使い続けたい。
でも失敗せず一発で自分にピッタリのアプリを見つけるのもなかなか難しい。
とりあえず複数アプリを併用したり、気にせず色々いじってみるのも一つの手だと思います。

そして、現状では欲しい機能が備わっていなかったために一度選択肢から外したアプリでも、アップデートでその機能を搭載する可能性もあるので、気になるけど手を出せないでいるアプリはこまめにチェックしてみると良いかなと思います。

こんな風に選んでも
  • お絵描きアプリで描画しているメイキング動画を色々見てみる
  • 試用できるものは色々ダウンロードして実際描いてみる
  • 自分が描いてみたい画風の人の使用アプリと同じものを使ってみる
  • たまにApp Storeで新機能や新アプリが出てないかチェックする

タイトルとURLをコピーしました