「紅葉賀」より

先帝のおわす朱雀院への桐壺帝による行幸が、十月十日に決まる。
その催しで源氏は頭中将と青海波を舞うことになったが、女御更衣などは同行できない。
そこで、当日見られない方々のためにも清涼殿の前庭で試楽を催す事となった。
源氏の舞も詠も此の世のものとは思えず、帝をはじめ皆が感涙を流す。
藤壺宮は、帝への罪の意識さえなければどんなにか素晴らしく見えるだろう…とお思いになる。
そのまま帝は藤壺宮をお召しになり、今日の試楽について語らうが藤壺宮は言葉少なである。

翌朝源氏が藤壺宮に歌をおくる。
もの思ふに立ち舞ふべくもあらぬ身の袖うち振りし心知りきや
ものおもふに たちまふべくも あらぬみの そでうちふりし こころしりきや
(恋の苦しさで舞うのもやっとの私が、あなたへ袖を振ったこの心、お分かりにならぬはずはありますまい)
畏れ多い事とは申せど…」。

昨日の美しさを目にしていた藤壺宮はさすがに見過ごしにはできず、
から人の袖振ることは遠けれど立ち居につけてあはれとは見き
からひとの そでふることは とほけれど たちゐにつけて あはれとはみき
(唐の楽人が袖を振った故事はよく分かりませんが、舞われたお姿は素晴らしいとお見受けしました)
人並みには」とお返事をなさる。源氏は感激し、ありがたいお経のように広げて見入っておいでになる。

そして行幸当日。
時雨がさっと降り、木の葉が色とりどりに散りかう中から、青海波を舞う源氏が輝くように現れる。
ぞっとするほどの美しさであった。

もの思ふに立ち舞ふべくもあらぬ身の

この絵は、源氏が行幸当日に藤壺宮を思い出しながら自信満々に舞っているところ、です。
二人の遣り取りした手紙の解釈は何通りかあるようですが(人並みには、と訳した「おほかたには」の部分)、私は二人の齟齬を強調したかったので源氏がちょっとかわいそうな解釈になっています。源氏が袖を振った意味を「ご存知でしょう」とわざわざ問いかけたのに対し(イヤラシイなあ)、藤壺ははぐらかして「舞姿は美しかった」と通り一遍の感想を述べる。そして歌の後に付け加えた「おほかたには」。藤壺はわざとどっちとも取れる言葉を使ったのかなと思います。それで、藤壺は「他の人と同じ感想です」って意味でも源氏は好意的に「おほかたにはあらず」の意で捉えたのでは……なんて。

('05.07.20)

源氏物語の絵2 < 歌絵 > 源氏物語の絵4