各行のページにジャンプします

やどりして はるのやまべに ねたるよは ゆめのうちにも はなぞちりける

やまかぜに さくらふきまき みだれなん はなのまぎれに きみとまるべく

ゆきかへり をりてかざさむ あさなあさな しかたちならす のべのあきはぎ

ゆくあきの かたみなるべき もみぢばも あすはしぐれと ふりやまがはん

ゆくすゑは そらもひとつの むさしのに くさのはらより いづるつきかげ

ゆふぐれは くものはたてに ものぞおもふ あまつそらなる ひとをこふとて

ゆふだちの くももとまらぬ なつのひの かたぶくやまに ひぐらしのこゑ

ゆふづくよ をぐらのやまに なくしかの こゑのうちにや あきはくるらむ

ゆふやみは みちたづたづし つきまちて いませわがせこ そのまにもみむ

ゆめぢには あしもやすめず かよへども うつつにひとめ みしごとはあらず

ゆめにだに みゆとはみえじ あさなあさな わがおもかげに はづるみなれば

ゆめよりも はかなきものは なつのよの あかつきがたの わかれなりけり

よがたりに ひとやつたへん たぐひなく うきみをさめぬ ゆめになしても

よしのがは きしのやまぶき ふくかぜに そこのかげさへ うつろひにけり

よそにみて をらぬなげきは しげれども なごりこひしき はなのゆふかげ

よのなかは むなしきものと あらむとぞ このてるつきは みちかけしける

よのなかは ゆめかうつつか うつつとも ゆめともしらず ありてなければ

よひよひに ぬぎてわがぬる かりごろも かけておもはぬ ときのまもなし

よられつる のもせのくさの かげろひて すずしくくもる ゆふだちのそら

よるならば つきとぞみまし わがやどの にはしろたへに ふりつもるゆき