各行のページにジャンプします

わがこひに くらぶのやまの さくらばな まなくちるとも かずはまさらじ

わがこひを ひとしるらめや しきたへの まくらのみこそ しらばしるらめ

わがせこが ころものすそを ふきかへし うらめづらしき あきのはつかぜ

わがみこそ あらぬさまなれ それながら そらおぼれする きみはきみなり

わがやどの ふぢのいろこき たそかれに たづねやはこぬ はるのなごりを

わぎもこに こひつつあらずは あきはぎの さきてちりぬる はなにあらましを

わたつみの とよはたくもに いりひさし こよひのつくよ さやけくありこそ

わびしさを おなじこころと きくからに わがみをすてて きみぞかなしき

われをおもふ ひとをおもはぬ むくひにや わがおもふひとの われをおもはぬ

をぎのはに ふきすぎてゆく あきかぜの またたがさとを おどろかすらむ

をとつひも きのふもけふも みつれども あすさへみまく ほしききみかも