各行のページにジャンプします

たちそひて きえやしなまし うきことを おもひみだるる けぶりくらべに

たつたがは もみぢばながる かむなびの みむろのやまに しぐれふるらし

たにかぜに とくるこほりの ひまごとに うちいづるなみや はるのはつはな

たまのをよ たえなばたえね ながらへば しのぶることの よわりもぞする

つきかげは おなじくもゐに みえながら わがやどからの あきぞかはれる

つきくさに ころもはすらむ あさつゆに ぬれてののちは うつろひぬとも

つくよみの ひかりにきませ あしひきの やまきへなりて とほからなくに

つくよよし かはのおときよし いざここに ゆくもゆかぬも あそびてゆかむ

つゆすがる にはのたまざさ うちなびき ひとむらすぎぬ ゆふだちのくも

てにつみて いつしかもみむ むらさきの ねにかよひける のべのわかくさ

てもふれで をしむかひなく ふぢのはな そこにうつれば なみぞをりける

てりもせず くもりもはてぬ はるのよの おぼろづきよに しくものぞなき

てるつきの ながるるみれば あまのがは いづるみなとは うみにざりける

ときのまの うつつをしのぶ こころこそ はかなきゆめに まさらざりけれ

とけてねぬ ねざめさびしき ふゆのよに むすぼほれつる ゆめのみじかさ

としつきを まつにひかれて ふるひとに けふうぐひすの はつねきかせよ

としをへて はなのかがみと なるみづは ちりかかるをや くもるといふらむ

ともちどり もろごゑになく あかつきは ひとりねざめの とこもたのもし