各行のページにジャンプします

まつかげの いはゐのみづを むすびあげて なつなきとしと おもひけるかな

みしひとの かげすみはてぬ いけみづに ひとりやどもる あきのよのつき

みしひとの けぶりをくもと ながむれば ゆふべのそらも むつまじきかな

みづのおもに あやふきみだる はるかぜや いけのこほりを けふはとくらむ

みづのおもに しづくはなのいろ さやかにも きみがみかげの おもほゆるかな

みづのうへに うかべるふねの きみならば ここぞとまりと いはましものを

みてもおもふ みぬはたいかに なげくらむ こやよのひとの まどふてふやみ

みてもまた あふよまれなる ゆめのうちに やがてまぎるる わがみともがな

みなそこの つきのうへより こぐふねの さをにさはるは かつらなるらし

みやこにて やまのはにみし つきなれど なみよりいでて なみにこそいれ

みるほどぞ しばしなぐさむ めぐりあはむ つきのみやこは はるかなれども

みわたせば やなぎさくらを こきまぜて みやこぞはるの にしきなりける

みをつくし こふるしるしに ここまでも めぐりあひける えにはふかしな

みをなげむ ふちもまことの ふちならで かけじやさらに こりずまのなみ

むばたまの やみのうつつは さだかなる ゆめにいくらも まさらざりけり

むばたまの よるのみふれる しらゆきは てるつきかげの つもるなりけり

むらさきの にほへるいもを にくくあらば ひとづまゆゑに あれこひめやも

めにちかく うつればかはる よのなかを ゆくすゑとほく たのみけるかな

ものおもふと すぐるつきひも しらぬまに としもわがよも けふやつきぬる

ものおもふに たちまふべくも あらぬみの そでうちふりし こころしりきや