各行のページにジャンプします

かきくらす こころのやみに まどひにき ゆめうつつとは こよひさだめよ

かきつめて みるもかひなし もしほぐさ おなじくもゐの けぶりとをなれ

かぎりなき くもゐのよそに わかるとも ひとをこころに おくらさむやは

かげみれば なみのそこなる ひさかたの そらこぎわたる われぞわびしき

かげろふの ほのめきつれば ゆふぐれの ゆめかとのみぞ みをたどりつる

かさねても すずしかりけり なつごろも うすきたもとに やどるつきかげ

かすみたち このめもはるの ゆきふれば はななきさとも はなぞちりける

かすみたつ はるのやまべは とほけれど ふきくるかぜは はなのかぞする

かぜふけば おつるもみじは みづきよみ ちらぬかげさへ そこにみえつつ

かぜふけば まづぞみだるる いろかはる あさぢがつゆに かかるささがに

かぜのうへに ありかさだめぬ ちりのみは ゆくへもしらず なりぬべらなり

かぜをだに こふるはともし かぜをだに こむとしまたば なにかなげかむ

かたちこそ みやまがくれの くちきなれ こころははなに なさばなりなむ

かちびとの わたれどぬれぬ えにしあれば またあふさかの せきはこえなん

かはぎりの ふもとをこめて たちぬれば そらにぞあきの やまはみえける

かむなびの みむろのやまを あきゆけば にしきたちきる ここちこそすれ

からころも またからころも からころも かへすがへすも からころもなる

からひとの そでふることは とほけれど たちゐにつけて あはれとはみき

かれはてん のちをばしらで なつくさの ふかくもひとの おもほゆるかな

きたやまに たなびくくもの あをくもの ほしはなれゆき つきをはなれて

きみこふる なみだしなくは からころも むねのあたりは いろもえなまし

きみこふる なみだのとこに みちぬれば みをつくしとぞ われはなりける

きみならで たれにかみせむ うめのはな いろをもかをも しるひとぞしる

きみまつと あがこひをれば わがやどの すだれうごかし あきのかぜふく

きみやこし われやゆきけむ おもほえず ゆめかうつつか ねてかさめてか

くさわかみ ひたちのうらの いかがさき いかであひみむ たごのうらなみ

くれなゐの はつはなぞめの いろふかく おもひしこころ われわすれめや

けふのみと はるをおもはぬ ときだにも たつことやすき はなのかげかは

こころいる かたならませば ゆみはりの つきなきそらに まよはましやは

こぞみてし あきのつくよは てらせども あひみしいもは いやとしさかる

こととはぬ きすらいもとせと ありといふを ただひとりごに あるがくるしさ

このねぬる よのまにあきは きにけらし あさけのかぜの きのふにもにぬ

このまより もりくるつきの かげみれば こころづくしの あきはきにけり

こひこひて あへるときだに うるはしき ことつくしてよ ながくとおもはば

こひしきに いのちをかふる ものならば しにはやすくぞ あるべかりける

こひしねと するわざならし むばたまの よるはすがらに ゆめにみえつつ

こひわびて なくねにまがふ うらなみは おもふかたより かぜやふくらむ

こひわぶる ひとのかたみと てならせば なれよなにとて なくねなるらむ

こまなめて いざみにゆかむ ふるさとは ゆきとのみこそ はなはちるらめ

こむといふも こぬときあるを こじといふを こむとはまたじ こじといふものを

こゑをだに きかでわかるる たまよりも なきとこにねむ きみぞかなしき