各行のページにジャンプします

はかなくて おなじこころに なりにしを おもふがごとは おもふらむやぞ

はかなくて ゆめにもひとを みつるよは あしたのとこぞ おきうかりける

はかりなき ちひろのそこの みるぶさの おひゆくすゑは われのみぞみむ

はぎがはな ちるらむをのの つゆじもに ぬれてをゆかん さよはふくとも

はるがすみ たなびきにけり ひさかたの つきのかつらも はなやさくらむ

はるさめの はなのえだより ながれこば なほこそぬれめ かもやうつると

はるたてば きゆるこほりの のこりなく きみがこころは われにとけなむ

はるののに すみれつみにと こしわれぞ のをなつかしみ ひとよねにける

はるのひの うららにさして ゆくふねは さをのしづくも はなぞちりける

はるひさす ふぢのうらばの うらとけて きみしおもはば われもたのまむ

はるふかき いろにもあるかな すみのえの そこもみどりに みゆるはままつ

ひぐらしの なくやまざとの ゆふぐれは かぜよりほかに とふひともなし

ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづごころなく はなのちるらむ

ひたちなる するがのうみの すまのうらに なみたちいでよ はこざきのまつ

ひとごころ たとへてみれば しらつゆの きゆるまもなほ ひさしかりけり

ふかくさの のべのさくらし こころあらば ことしばかりは すみぞめにさけ

ふきむすぶ かぜはむかしの あきながら ありしにもにぬ そでのつゆかな

ふくかぜの いろのちぐさに みえつるは あきのこのはの ちればなりけり

ふくかぜの さそふものとは しりながら ちりぬるはなの しひてこひしき

ふくかぜを なにいとひけむ うめのはな ちりくるときぞ かはまさりける

ふぢばかま きるひとなみや たちながら しぐれのあめに ぬらしそめつる

ふたつなき ものとおもひしを みなそこに やまのはならで いづるつきかげ

ふゆのよの いけのこほりの さやけきは つきのひかりの みがくなりけり

ほととぎす こゑまつほどは かたをかの もりのしづくに たちやぬれまし

ほととぎす そのかみやまの たびまくら ほのかたらひし そらぞわすれぬ

ほととぎす ゆめかうつつか あさつゆの おきてわかれし あかつきのこゑ

ほのぼのと ありあけのつきの つきかげに もみぢふきおろす やまおろしのかぜ

ほのみても めなれにけりと きくからに ふしかへりこそ しなまほしけれ

ほりえこぐ たななしをぶね こぎかへり おなじひとにや こひわたりなん