各行のページにジャンプします

あかねさす むらさきのゆき しめのゆき のもりはみずや きみがそでふる

あきかぜに かきなすことの こゑにさへ はかなくひとの こひしかるらむ

あきかぜに なみやたつらむ あまのがは わたるせもなく つきのながるる

あきかぜに やまとへこゆる かりがねは いやとほざかる くもがくりつつ

あきかぜの うちふきそむる ゆふぐれは そらにこころぞ わびしかりける

あきかぜの うちふくからに やまものも なべてにしきに おりかへすかな

あきかぜの くさばそよぎて ふくなへに ほのかにしつる ひぐらしのこゑ

あきかぜの ふきあげにたてる しらぎくは はなかあらぬか なみのよするか

あききぬと めにはさやかに みえねども かぜのおとにぞ おどろかれぬる

あきのうみに うつれるつきを たちかへり なみはあらへど いろもかはらず

あきのきく にほふかぎりは かざしてん はなよりさきと しらぬわがみを

あきのよの つきげのこまよ わがこふる くもゐをかけれ ときのまもみむ

あきのよの つきのひかりは きよけれど ひとのこころの くまはてらさず

あげまきに ながきちぎりを むすびこめ おなじところに よりもあはなむ

あさとあけて ながめやすらむ たなばたは あかぬわかれの そらをこひつつ

あしたづの たてるかはべを ふくかぜに よせてかへらぬ なみかとぞみる

あしべより くもゐをさして ゆくかりの いやとほざかる わがみかなしも

あすかがは ふちはせになる よなりとも おもひそめてん ひとはわすれじ

あたらよの つきとはなとを おなじくは あはれしれらむ ひとにみせばや

あづさゆみ いるさのやまに まどふかな ほのみしつきの かげやみゆると

あはぢの のじまのさきの はまかぜに いもがむすびし ひもふきかへす

あひおもはで うつろふいろを みるものを はなにしられぬ ながめするかな

あひみしも まだみぬこひも ほととぎす つきになくよぞ よににざりける

あひみぬも うきもわがみの からころも おもひしらずも とくるひもかな

あひみねば こひこそまされ みなせがは なににふかめて おもひそめけむ

あふさかの あらしのかぜは さむけれど ゆくへしらねば わびつつぞぬる

あふせなき なみだのかはに しづみしや ながるるみをの はじめなりけむ

あふみのうみ ゆふなみちどり ながなけば こころもしのに いにしへおもほゆ

あまつかぜ くものかよひぢ ふきとぢよ をとめのすがた しばしとどめん

あまのはら ふりさけみれば かすがなる みかさのやまに いでしつきかも

あめのうみに くものなみたち つきのふね ほしのはやしに こぎかくるみゆ

あらしふく きしのやなぎの いなむしろ おりしくなみに まかせてぞみる

あらたしき としのはじめの はつはるの けふふるゆきの いやしけよごと

あをやぎの みどりのいとを くりかへし いくらばかりの はるをへぬらむ

いくかへり つゆけきはるを すぐしきて はなのひもとく をりにあふらむ

いくよへて のちかわすれん ちりぬべき のべのあきはぎ みがくつきよを

いけるひと つひにもしぬる ものにあれば このよにあるまは たのしくをあらな

いさりびの むかしのひかり ほのみえて あしやのさとに とぶほたるかな

いせのうみの おきつしらなみ はなにもが つつみていもが いへづとにせむ

いたづらに たびたびしぬと いふめれば あふにはなにを かへむとすらむ

いつかまた はるのみやこの はなをみむ ときうしなへる やまがつにして

いつとても こひしからずは あらねども あきのゆふべは あやしかりけり

いつのまに ちりはてぬらむ さくらばな おもかげにのみ いろをみせつつ

いにしへに なほたちかへる こころかな こひしきことに ものわすれせで

いにしへの あきのゆふべの こひしきに いまはとみえし あけぐれのゆめ

いにしへも かくやはひとの まどひけむ わがまだしらぬ しののめのみち

いねつけば かかるあがてを こよひもか とののわくごが とりてなげかむ

いのちこそ たゆともたえめ さだめなき よのつねならぬ なかのちぎりを

いのちだに こころにかなふ ものならば なにかわかれの かなしからまし

いのちにも まさりてをしく あるものは みはてぬゆめの さむるなりけり

いはばしる たるみのうへの さわらびの もえいづるはるに なりにけるかも

いはみのや たかつのやまの このまより わがふるそでを いもみつらむか

いりひさす みねにたなびく うすぐもは ものおもふそでに いろやまがへる

いろみえで うつろふものは よのなかの ひとのこころの はなにぞありける

いろもかも むかしのこさに にほへども うゑけんひとの かげぞこひしき

いろもなき こころをひとに そめしより うつろはむとは おもほへなくに

うぐひすの ねぐらのえだも なびくまで なほふきとほせ よはのふえたけ

うたたねに こひしきひとを みてしより ゆめてふものは たのみそめてき

うねめの そでふきかへす あすかかぜ みやこをとほみ いたづらにふく

うまかはば いもかちならむ よしゑやし いしはふむとも あはふたりゆかむ

うめのはな まだちらねども ゆくみづの そこにうつれる かげぞみえける

うれしきも うきもこころは ひとつにて わかれぬものは なみだなりけり

おくとみる ほどぞはかなき ともすれば かぜにみだるる はぎのうはつゆ

おとはやま けさこえくれば ほととぎす こずゑはるかに いまぞなくなる

おほぞらに わがそでひとつ あらなくに かなしくつゆや わきてをくらむ

おほぞらの つきのひかりし きよければ かげみしみづぞ まづこほりける

おもかげを あひみしかずに なすときは こころのみこそ しづめられけれ

おもはぬに いもがゑまひを いめにみて こころのうちに もえつつぞをる

おもひいづる ときぞかなしき よのなかは そらゆくくもの はてをしらねば

おもひつつ ぬればやひとの みえつらむ ゆめとしりせば さめざらましを

おもひねの よなよなゆめに あふことを ただかたときの うつつともがな

おもひやる こしのしらやま しらねども ひとよもゆめに こえぬよぞなき