花の和歌

春の草花

いはばしる垂水の上の早蕨の 萌え出づる春になりにけるかも(志貴皇子・万葉集1422)
いはばしる たるみのうへの さわらびの もえいづるはるに なりにけるかも

・志貴皇子よろこびの御歌(どんないいことがあったのかは不明)
「滝のほとりに蕨も萌え出て、ああ春が来たんだなあ」
犬養先生曰く‘家庭で嬉しいことがあった時’歌ってごらんと100000hitの絵

春の野に菫摘みにと来し我ぞ 野をなつかしみ一夜寝にける(山部赤人・万葉集1428)
はるののに すみれつみにと こしわれぞ のをなつかしみ ひとよねにける

「野には菫を摘みに来ただけなのに、離れがたくて一夜過ごしてしまった」
・赤人は、元正・聖武期の宮廷歌人です
・菫は薬か染料か食料にしたようです80000hitの絵

谷風にとくる氷のひまごとに 打ち出づる波や 春の初花(源当純・古今集12)
たにかぜに とくるこほりの ひまごとに うちいづるなみや はるのはつはな

・宇多天皇の御代の歌合せの歌
「谷風に融けた氷の隙間から、波は花びらのように飛沫を上げる」
・季節の移り変わりが無理なく感じ取れます

君ならで誰にか見せむ 梅の花 色をも香をも知る人ぞ知る(友則・古今集38)
きみならで たれにかみせむ うめのはな いろをもかをも しるひとぞしる

・梅の花を折って人に贈ったときに添えた歌
「この梅の花の良さが分かるのはあなたを置いて他にない」
・「知る人ぞ知る」って成句がここから来ていることは知る人ぞ知る春の絵1

色も香も昔のこさににほへども うゑけん人のかげぞ恋しき(貫之・古今集851)
いろもかも むかしのこさに にほへども うゑけんひとの かげぞこひしき

・主の亡くなった家の梅の花を見て
「梅花は色も香りも昔のままなのに。植えた人にはもう会えない」
・類似歌:貫之・古今集42「人はいさ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほひける」

梅の花まだ散らねども 行く水の底にうつれるかげぞ見えける(貫之・拾遺集25)
うめのはな まだちらねども ゆくみづの そこにうつれる かげぞみえける

・醍醐天皇の御屏風の絵解きの歌
「梅花はまだ散らぬが、流れる水の底に映る姿は、まるで散っているかのよう」
・どこかで見たような歌です風吹けば

吹く風をなにいとひけむ 梅の花散りくる時ぞ香はまさりける(躬恒・拾遺集30)
ふくかぜを なにいとひけむ うめのはな ちりくるときぞ かはまさりける

「吹く風をどうして厭おうか、梅花は散るときこそ薫り高くなるのだから」
・本当は風は厭わしいのに強がってみせている=それだけ梅の花を愛しているんだと言いたいんでしょうか

年をへて花の鏡となる水は ちりかかるをや曇るといふらむ(伊勢・古今集44)
としをへて はなのかがみと なるみづは ちりかかるをや くもるといふらむ

・水のほとりに梅の花が咲いているのを詠んだ
「花びらが水に散りかかるさまは、鏡に塵がかかるのとおなじよう」
・清少納言は曇った鏡を見るとドキドキしたようです?(こころときめきするものの段)

さくら花ちりぬる風のなごりには 水なき空に浪ぞたちける(貫之・古今集89)
さくらばな ちりぬるかぜの なごりには みづなきそらに なみぞたちける

・歌合せの歌
「桜散らす風が吹き抜け、空には花びらの波が残った」
・なごり、漢字では名残。余波とも書きます45000hitの絵

霞立つ春の山辺は遠けれど 吹きくる風は花の香ぞする(在原元方・古今集103)
かすみたつ はるのやまべは とほけれど ふきくるかぜは はなのかぞする

・宇多天皇の御代の歌合せの歌
「霞立つ春の山辺は遠いが、そこから吹いてくる風は花の香り」
・花=桜だとすると、香るのは気持ちの問題?

駒並めていざ見にゆかむ ふるさとは雪とのみこそ花は散るらめ(古今集111)
こまなめて いざみにゆかむ ふるさとは ゆきとのみこそ はなはちるらめ

「馬を並べて、さあ見に行こう、古き都は花吹雪」
・「花」…桜で、「ふるさと」…奈良の都でしょうか?

宿りして春の山辺に寝たる夜は 夢の内にも花ぞ散りける(貫之・古今集117)
やどりして はるのやまべに ねたるよは ゆめのうちにも はなぞちりける

・山寺に詣でたおりの歌です
「宿借りて春の山辺に寝た夜には、夢の中にも桜散る散る」
・間断なく花の散る様が浮かんできます。赤人の歌に通ずるものがあります春の絵4

桜花ちりかひくもれ 老いらくの来むといふなる道まがふかに(業平・古今集349)
さくらばな ちりかひくもれ おいらくの こむといふなる みちまがふかに

・藤原基経の四十の賀での歌
「桜の花よ曇るばかりに散れ、老いが来るという道が見えなくなるように」
・祝賀にふさわしくないような歌い出しが一転、この上ない賀歌に

山風に桜吹きまき乱れなん 花のまぎれに君とまるべく(僧正遍昭・古今集394)
やまかぜに さくらふきまき みだれなん はなのまぎれに きみとまるべく

・常康親王が法会を終えて山を下りられるとき桜の下で詠んだ
「皇子が留まられるよう、山風よ、花びらの吹雪をおこしておくれ」
・上の業平の歌同様、桜吹雪による視界不良で何かを留める、というモチーフの歌
・山に残る僧正は、親王を見送りつつも名残惜しいんです(或いはそのフリをしている)

深草の野辺の桜し心あらば ことしばかりは墨染めに咲け(上野峯雄・古今集832)
ふかくさの のべのさくらし こころあらば ことしばかりは すみぞめにさけ

・基経が亡くなったときの歌
「深草の桜よ、心があるなら今年だけでも墨染めの色に咲け」
・桜の淡い紅色が自分の心情にはそぐわないので、服喪の色に染まれと
・源氏物語の薄雲の巻で源氏が「今年ばかりは」とつぶやくアレです

あひ思はでうつろふ色を見るものを 花に知られぬながめするかな(躬恒・後撰集59)
あひおもはで うつろふいろを みるものを はなにしられぬ ながめするかな

・花の散るのを見て
「花と人。お互いに心の通い合うこともないまま、花は散り、私は物思いにふける」
・片思いの相手が誰か別の人を好きになっても、自分は何も出来ないつらさ…を花に託して詠んだのかも??

いつのまに散りはてぬらむ 桜花 面影にのみ色を見せつつ(躬恒・後撰集132)
いつのまに ちりはてぬらむ さくらばな おもかげにのみ いろをみせつつ

・桜の散るのを見て
「桜はいつのまに散り終えてしまったのか。盛りの色を記憶の中にのみ残して」
・‘面影にのみ’という言葉が素敵だなあ

吹く風の誘ふものとは知りながら 散りぬる花のしひて恋ひしき(後撰集91)
ふくかぜの さそふものとは しりながら ちりぬるはなの しひてこひしき

「風に誘われて散るものとは分かっているが、どうしても散ってしまった花が恋しいのだ」
・思う相手が他の男のものになったことを悔やむ歌のようにも見えます

春雨の花の枝より流れ来ば なほこそ濡れめ香もやうつると(藤原敏行・後撰集110)
はるさめの はなのえだより ながれこば なほこそぬれめ かもやうつると

・宇多天皇の御代、桜花の宴で雨が降ってきたので
「春雨が花の枝から滴るのならもっと濡れましょう、花の香が移るかもしれませんゆえ」
・桜の花や葉にはクマリンという芳香成分が含まれていて、刺激が加わるとほんのり香ります

桜狩雨は降りきぬ おなじくは濡るとも花の影に隠れむ(拾遺集50)
さくらがり あめはふりきぬ おなじくは ぬるともはなの かげにかくれむ

「桜狩にきたら雨が降ってきた。どうせ濡れるなら花の影に隠れよう」
・どこにいても濡れてしまうのなら桜の下がよかろう、とは風流ですね
・説話では、実方が行成と喧嘩するもとになった因縁の歌です

春深き色にもあるかな 住江の底も緑に見ゆる浜松(後撰集111)
はるふかき いろにもあるかな すみのえの そこもみどりに みゆるはままつ

・和泉の国に行く途中の海岸で
「春も深まったものよ。住吉の浜松は海の底まで深緑に染めている」
・春や松の色はもちろん、待つひとのこころざしも深かったのかもしれません

吉野河きしの山吹ふく風に 底の影さへうつろひにけり(貫之・古今集124)
よしのがは きしのやまぶき ふくかぜに そこのかげさへ うつろひにけり

・吉野山の麓を流れる吉野川のほとりに山吹が咲いているのを詠んだ
「風が吹き、岸の山吹の花びらも水面に映るそのかげも、散ってしまった」
・水の中と上とを同時に詠むのは、この当時の常套手段?

けふのみと春を思はぬ時だにも 立つことやすき花のかげかは(躬恒・古今集134)
けふのみと はるをおもはぬ ときだにも たつことやすき はなのかげかは

・宇多上皇の御所での歌合せでの春の終わりの歌
「春は今日限りと思わぬ時でさえ、花の下は去りがたいのに」
・まして今日は春も終わりの日だからいっそう立ち去りがたい、ってことです

夏の草花

夏まけて咲きたる はねず 久方の雨うち降らばうつろひなむか(家持・万葉集1489)
なつまけて さきたるはねず ひさかたの あめうちふれば うつろひなむか

「夏を待ちうけて咲いた庭梅なのに。雨ばかり降っては色褪せてしまうよ」
・はねず…庭梅の花らしいです。色が褪めやすいとか

手も触れで惜しむかひなく 藤の花 底にうつれば浪ぞ折りける(躬恒・拾遺集87)
てもふれで をしむかひなく ふぢのはな そこにうつれば なみぞをりける

「手も触れず惜しんだ藤の花。水底に映ったばかりに波に手折られてしまった」
・躬恒さんは、何かが水底に映るって情景が好きですね風吹けば
・当時の人は、物影は水面ではなく水底に映る、と見ていたそうです

月草に衣は摺らむ 朝露にぬれての後はうつろひぬとも(古今集247)
つきくさに ころもはすらむ あさつゆに ぬれてののちは うつろひぬとも

・万葉集にも同じ歌があります
「あなたのお心が露草染めのようにさめやすくても、お逢いしようと思います」
・実は恋の和歌で、よく考えるときわどいような気もしますがきれいな歌

にほひつつ散りにし花ぞ思ほゆる 夏は緑の葉のみ繁れば(後撰集165)
にほひつつ ちりにしはなぞ おもほゆる なつはみどりの はのみしげれば

「つやめきながら散った花がしのばれる。夏は緑の葉ばかりなので」
・にほふ…赤い色が照り映える意から、後に、香り立つという意が派生

秋の草花

萩が花散るらむ小野の露霜に 濡れてを行かん さ夜はふくとも(古今集224)
はぎがはな ちるらむをのの つゆじもに ぬれてをゆかん さよはふくとも

「夜更けてしまっても、萩の花散る野辺の露に濡れてゆこうか」
・さて何処へ行くか…なんて野暮なことは聞きません

ゆきかへり折りてかざさむ 朝な朝な鹿立ちならす野辺の秋萩(貫之・後撰集298)
ゆきかへり をりてかざさむ あさなあさな しかたちならす のべのあきはぎ

・「秋の歌」ということで詠んだ
「行き帰りに手折って冠に挿そう。朝毎に鹿が踏みならす野辺の萩を」
・行き帰り…女のもとへでしょう(実際に貫之が体験したことかどうかは別として)。鹿が踏みならすのは野辺です。萩の下枝は踏むことはあっても、株ごとは踏みません

秋風の吹上に立てる白菊は 花かあらぬか浪のよするか(菅原道真・古今集272)
あきかぜの ふきあげにたてる しらぎくは はなかあらぬか なみのよするか

・宇多天皇の御代の菊合で、浜辺を模した台に植えた菊に添えた歌
「秋風の上の浜に立つ菊は、花か、違うか、寄せる白浪か」
・道真公は、その台を吹上の浜に見立てたんですね

秋の菊にほふ限りはかざしてん 花よりさきと知らぬ我が身を(貫之・古今集276)
あきのきく にほふかぎりは かざしてん はなよりさきと しらぬわがみを

・人生の無常を感じたときに菊を見て詠んだ
「せめて菊の色が移ろいゆくうちは冠にさして愛でていよう、花より先に逝ってしまうかも知れないのだから」
・菊花は時が経つとだんだんと紫色っぽく変わってゆきます
・秋ゆえの感傷か、身近な人を亡くしたか。貫之さんの真意も気になります

藤袴きる人無みや たちながら時雨の雨に濡らしそめつる(後撰集351)
ふぢばかま きるひとなみや たちながら しぐれのあめに ぬらしそめつる

「藤袴は切る人もいないので、立ったまま時雨に濡れはじめている」
・藤袴は、枯れたり濡れたりすると、ますます芳香がたちのぼります。桜餅っぽい匂いです
・「きる」=切る・着る、「たち」=立ち・裁ち、「そめ」=初め・染め、という掛詞
・袴・着る・裁ち・染めという、布に関する縁語づくしでもあります(藤袴という花名が穿く袴に通ずる)

風吹けば落つるもみじ葉 水きよみ 散らぬ影さへ底に見えつつ(躬恒・古今集304)
かぜふけば おつるもみじは みづきよみ ちらぬかげさへ そこにみえつつ

・池のほとりで紅葉が散るのを詠んだ
「風に紅葉が散る。水がきれいなので、枝に残っている葉も水底にあるように見える」
・屏風絵のように鮮やかな描写です

そのほかの和歌

おすすめ本

ポケット判 日本の山野草
ポケット判 日本の山野草
菱山忠三郎/主婦の友社/¥1,260
本自体は小さいのですが、写真が大きくて説明も分かりやすいです

ポケット判 身近な樹木
ポケット判 身近な樹木
菱山忠三郎/主婦の友社/¥1,260
上の本の樹木版です。花や実が大きく載ってます