鑑賞篇

おもに万葉集・古今集・後撰集・拾遺集・新古今集と、源氏物語から選んでゐます

*意訳や感想の無断転載引用を禁じます

凡例

構成

構成図

分類

花・恋・夢・風・月・雑・源氏物語の7項目です。和歌の内容が多岐にわたつて分類困難な場合は、「‘和歌の感動の中心=主題に最も適つてゐると思はれる項目’に分ける」「判断に困つたときは一番印象的な風物の項目に分ける」という一応の基準を設けましたが、全く厳密ではありません。

和歌の表記

参考文献に準じましたが、「ひらがなが続いて読みづらい・紛らはしい→漢字に」「掛詞などの存在を明確にする→ひらがなに」など状況に応じて適宜変へてしまつてあるものもたくさんあります。和歌の句切れは、意味の上でのくぎれを優先し、読みやすさも考へ、所々スペースを入れてあります。

詠者の姓名を省略する場合

よみ人しらずの場合は姓名とも省略。よく取り上げる歌人は姓を略しました…(柿本)人麻呂 (大伴)旅人 (大伴)家持 (大伴)坂上郎女 (在原)業平 (小野)小町 (紀)貫之 (紀)友則 (凡河内)躬恒 (壬生)忠岑 (源)信明 (清原)深養父 (藤原)良経。 「源氏物語の和歌」での省略箇所はページ内に示しました。

索引

当サイトの全収録歌は索引ページにまとめてあります。

「意訳」とは申せ、逐語訳であつたり、勝手な解釈の場合もあつたりします。 わかりやすさ、を大事にしたいため必ずしも文法に忠実とは言へません。「詠者の意を酌み取る訳」とご解釈ください。

サイト内検索