和歌

源氏物語『総角』巻で、薫中納言が想ひ人たる大君に贈つた和歌です。
総角に長き契りを結びこめ おなじ所によりもあはなむ索引 イラスト
(紐が縒りあふ総角結びのやうに、あなたと寄りそつて過ごしたい…)
平安時代の民謡の一種である催馬楽には「総角」といふ唄があります。「総角や とうとう 尋ばかりや とうとう 離りて寝たれども まろびあひけり とうとう か寄りあひけり とうとう」。薫の和歌は、この催馬楽を下敷きにして詠まれてゐます。

総角の立て札
宇治上神社から源氏物語ミュージアムに至る「さわらびの道」にて:『旅に詩う』上田様にお借りしました

漢詩

中国では総角のことを‘Y頭’(あとう)と呼びました。
『歳晩書事(歳晩 事を書す)』 劉 克荘『漢詩歳時記 冬』

日日抄書懶出門  (日日 書を抄して 門を出づるに懶(ものう)し)
小窗弄筆到黄昏  (小窓 筆を弄して 黄昏(こうこん)に到る)
Y頭婢子忙l   (Y頭の婢子 粉(おしろい)をl(ととの)うるに忙しうして)
不管先生硯水   (先生の硯水の渾(にご)れるを管せず)

訳:毎日、文書を写す事の繰り返しで、外出も億劫だ。
小窓のもとでのそんな筆すさびは黄昏時にまで到る。
総角頭のお女中達はお化粧を整へるのに忙しくて、
わたしの硯の水が濁つてゐるのさへ、気にもとめない。

髪型

『岩波古語辞典』の「みづら」の項1には、「上代、男子の成年に達した者が髪を頭上中央から左右に分け、それぞれ束ねて両耳の辺りにわがねたもの。髪をあげて巻くので「あげまき」とも」と書かれてをります。項2には「平安時代以降、少年の髪の形」とあります。 一方「あげまき」の項では「髪の結い方の一。(中略)頭上の左右にあげて巻き、輪を作ったもの」とし、日本書紀の「古の俗(中略)十七八の間は分けてあげまきにす」を引いてゐます。さて角髪と総角の違ひは? 平安時代には総角といふ語が髪型には使はれなくなつたのだ、と解釈してよいのでせうか。

簾などの飾り

結ひ方の一例を以下に載せます。
・必要なもの  50cm位の紐(紐の中央に輪ゴムなど結び付けておくと見当が付けやすい)

軽くひと結びする右と左を交差させ結ふ●の辺を矢印の様にくぐらせる●の辺りを均等に引く出来上がり

簾を巻き上げたときに止める金具を隠すためとか、引き出しの取つ手の飾りとか、いろいろと使われてゐたようですね。 同じ結ひ方を西洋では“セーラーズクロス”と呼びます。

揚巻

助六由縁江戸桜』に登場する花魁。

揚巻
東京都墨田区「江戸東京博物館」にて撮影('06.05.04)